見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・15日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から8日
    ┗「小雪」まで7日
    大安
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 永久磁石【東京雑学研究会編】


§永遠なんてどこにもない!?



そもそも磁気とは、分子を構成する原子核の周囲を回っている電子の自転や公転がもと。つまり、電子はマイナスイオンを持つので、自転でも公転でも磁気をつくるのだ。けれど、ほとんどの物質では、自転の方向が逆向きの電子が対になっているため、自転ではその物質に磁性は生まれない。ところが、鉄のように磁化されやすい物質は、自転が対になっていないのである。これを、分子レベル小さな磁石で「分子磁石」と呼ぶ。
分子磁石は、その物質の原子の熱運動のために、そのままでは向きは不規則なのだが、磁場が与えられるとNとSが引き合って、一定方向に整列する。すべての分子磁石の向きがそろったとき、その物質は一方がN極、その反対がS極の磁石になるというわけだ。
しかし、いったん磁化されてそのS極とN極の方向が決まっていても、強い磁場を受けると逆方向に磁化されるが、かなり強い磁場を与えられないと逆磁化せず、磁化の大きさの変化しない磁石のことを永久磁石と呼ぶ。
が、なにごとにも永遠や永久はない。永久磁石も、ある一定の条件が加わると磁力を失う。その条件が高温で、約七〇〇度で磁性が消える。この事実の発見者が、偉人伝でおなじみのキュリー夫人の夫、ピエールキュリーだった。そのことから、磁性の消えるその温度を「キュリー点」と呼んでいる。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670095
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>>    >    永久磁石

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全