見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・14日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から7日
    ┗「小雪」まで8日
    仏滅
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 イクラ【東京雑学研究会編】


§人工イクラが生まれたのは接着剤のおかげ!?



人工イクラがこの世に誕生したのは、一九七九年とまだ記憶にあたらしい。はじめて口にしたときの感触は「あれっ、これイクラ?」というくらいなものだった。
人工的に作られた食品としては、スムーズに国民に受け入れられたほうだろう。
本物のイクラよりもちょっと小粒で、赤くて可愛らしいあの姿は、あっという間に食卓の人気ものとなった。
では、この人工イクラ、どこからヒントを得たかというと、意外にも食品とは無関係の化学工業だった。
日本カーバイド工業という、接着剤を作る会社が産みの親なのである。工場で接着剤を作っていたところ、偶然できた寒天状の皮膜からヒントを得たのである。
この寒天状の皮膜が、イクラの表面にとてもよく似ていることに目をつけ、人工イクラの発明を手掛けたのだった。
試行錯誤の結果、イクラによく似た皮膜で、ビタミンEを添加したサラダ油をくるんで、イクラらしさを出すために、海藻のエキスを加えている。さらに、あの可愛らしい赤は天然色素を利用してつけたのだった。
ビタミンEも含まれていて、しかもコレステロールは本物のイクラよりも低い。健康にもよいこの人工イクラ、今では寿司ネタとして欠かせない一品になっている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670041
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:イグアナ  医者  イギリス  イカスミ  

   


  1. 雑学大全>>    >    イクラ
  1. ◆「イクラ」の関連ワード

  2. イグアナ

  3. 医者

  4. イギリス

  5. イカスミ


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全