見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・13日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から6日
    ┗「小雪」まで9日
    先負
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:5
    月名(旧歴日):五日月(いつかつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 イギリス【東京雑学研究会編】


§イギリスの正確な国名は?



イギリス」という呼び名の国は実際には存在しない。
正確には「グレート・ブリテン及び北アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)」である。
イギリス」はイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの地域にわけられるが、「イギリス」という呼び名はイングランドを語源としている。
日本では一七世紀初頭にイギリスを「ぶりたにあ」あるいは「あんぐりあ」と呼び、「貌利太尼亜」「譜厄利亜」といった漢字があてられていた。やがてイングランド人を指す、ポルトガル語の「イングレス」やオランダ語の「エングルス」がなまって「イギリス」「エゲレス」という呼び名が一般的になってしまったのである。
イギリス」は本来、グレート・ブリテン島の一部の「イングランド」に由来したものだ。しかし「イングランド」という呼称もイングランドとウェールズを含む場合もあり、一七〇七年にスコットランドを統合してできたグレート・ブリテンを示すことも、アイルランドまでも含むこともあるなど、あいまいな用いられ方をしているのが実情だ。
また、国が支配していた海外の植民地全てを含めて「大英帝国」という呼び名が一般化していた時代もあった。
いずれにしても「イギリス」という名前は非公式なもので、あくまでも日本語での呼び名であることを念頭におき、日本以外でイギリスのことを言うときは「England」ではなく「U.K.(United Kingdom)」、イギリス人全体を指す場合は「English」ではなく、「British」と表現するのが無難である。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670040
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:イクラ  イグアナ  イカスミ  イエスとブッダ  

   


  1. 雑学大全>地理>国・島・都市    >    イギリス
  1. ◆「イギリス」の関連ワード

  2. イクラ

  3. イグアナ

  4. イカスミ

  5. イエスとブッダ


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全