見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・16日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から9日
    ┗「冬至」まで6日
    友引
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:27
    月名(旧歴日):暁月/有明月(ありあけづき)/下弦後の三日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 白羊羹[米仙堂]【しろようかん】


かすかな琥珀色が美しい
作り手も少ない米子の伝統銘菓






古くから米子の郷土銘菓として知られた白羊羹だが現在手がける店は少なくなった。今もなお伝統の味を守り続けているいちばんの老舗が、明治12年(1879)創業の米仙堂だ。米子の米の字と、地元の名峰・大山の仙(山)の字を冠した店名にも、老舗の誇りが感じられる。
白羊羹は、文字どおり白餡で作る羊羹。かつては大山周辺でとれた白小豆で作っていたが、現在では手亡豆(白インゲン)を使っている。丁寧に練り上げた羊羹は、かすかに琥珀色を帯びて透明感があり、舌ざわりはなめらか。しっかりした味ながら、くどくない甘みが、多くの人に好まれてきた。1本が500円ほどというリーズナブルな値段も、長く愛されている理由の一つだろう。
このほか、つぶ餡をそぼろ状の皮で包みクルミをのせた饅頭・十八万石、黄身餡の饅頭・高原焼など、地元にちなむ創作銘菓が多く揃う。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
全国五つ星の手土産

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071871
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 全国五つ星の手土産>中国>鳥取県    >    白羊羹[米仙堂]

A D

全国五つ星の手土産について
料理記者歴50年の岸朝子が全国津々浦々の土産銘菓を,伝統,味,地元定着度,地元推奨度,全国的知名度などの観点から厳選して紹介する,まさに日本国民必携の永久保存版手みやげ大全。
この言葉が収録されている辞典

 5つ星の手土産


  • 【辞書・辞典名】5つ星の手土産[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】368
  • 【発売日】2008年8月
  • 【ISBN】978-4487801350










この書籍の関連アプリ

 アプリ


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
App store


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
Google Play

関連辞典
全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産