見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・7月(文月/July)
    ・22日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「小暑」から15日
    ┗「大暑」まで1日
    先勝
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:19
    月名(旧歴日):寝待月(ねまちづき)/臥待月(ふしまちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 分とく山【わけとくやま】


洗練の先の親しみやすさ、温かさ





分とく山の料理は、先付から始まってご飯、甘味まで10品ほどの献立の、おまかせ1コースのみ。コースの内容は2週間に一度、それ以外にも仕入れ具合や客の得手不得手などによりそのつど変わる。ここに掲載したのはどれも、総料理長・野崎洋光さんのオリジナルだ。

鮑磯焼きは、丸々1個のアワビに大根おろしをのせて蒸し、肝のソースをかけて焼いた上に海苔をたっぷりのせてある。一年を通して出される分とく山代表的な一品。伊勢エビの具足煮は、エビのガラで取ったスープ白味噌を混ぜて具の半身を煮て、葛でとろみをつけた料理。蒸し金目の香味だれは、たれの香ばしさが味に深みを持たせる

時代に合わせながら基本に立ち返る――この姿勢を崩さない野崎さんの料理は、右記の品に限らず、完成されていながらどこか家庭料理風の親しみやすさをまとって温かい

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
東京五つ星の魚料理

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071033
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 東京五つ星の魚料理>日本料理>港区    >    分とく山

A D

東京五つ星の魚料理について
寿司をはじめ、ふぐ・あんこう・まぐろ・あゆ・くえ・かになどの各専門店,日本各地の旬の地魚を味わえる郷土料理の店など,東京の魚料理の老舗・名店を,各店自慢のお酒とともに厳選して紹介。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の魚料理


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の魚料理[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】
  • 【発売日】2008-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80247-0










関連辞典
東京五つ星の魚料理 東京五つ星の魚料理 東京五つ星の魚料理 東京五つ星の魚料理 東京五つ星の魚料理