見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・7月(文月/July)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「小暑」から11日
    ┗「大暑」まで5日
    先負
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:15
    月名(旧歴日):望月/十五夜/天満月(あまみつつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 赤坂 鴨川【あかさか かもがわ】


「花板兼女将」が支える名店





大菅孝子さんはスーパー女将だ。店は昭和43年、大菅正孝・幸子さん夫妻と、娘の孝子さんの3人で開業。孝子さんは中央大学商学部を卒業後、会計士志望から転じて店に入り、のち鴨川ひと筋。同59年にフグ調理師の免許を取った。今、昼は父と息子・亮輔さんともども包丁を握り、夜はきりりと着物姿で客と応対する。臼杵のカボスを搾って手ずからポン酢を作るのも、40年前から女将の仕事だ。

フグは大分と下関、築地から、そのとき最高の天然トラフグを身欠きや丸で仕入れる。特にふくさしみには、活けの天丸(活きた天然トラフグ丸ごと)しか使わない。市場で朝締めたフグを店でさばいて一晩寝かせ、翌日刺身に引く。やさしい歯ごたえ、舌に残らない上品な甘さが命。

「ふくの味と、場所が悪くて目立たないことが鴨川のいいところかしら」と笑う女将の粋なこと、凛々しいこと。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
東京五つ星の魚料理

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071032
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 東京五つ星の魚料理>フグ料理>港区    >    赤坂 鴨川

A D

東京五つ星の魚料理について
寿司をはじめ、ふぐ・あんこう・まぐろ・あゆ・くえ・かになどの各専門店,日本各地の旬の地魚を味わえる郷土料理の店など,東京の魚料理の老舗・名店を,各店自慢のお酒とともに厳選して紹介。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の魚料理


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の魚料理[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】
  • 【発売日】2008-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80247-0










関連辞典
東京五つ星の魚料理 東京五つ星の魚料理 東京五つ星の魚料理 東京五つ星の魚料理 東京五つ星の魚料理