見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・2月(如月/February)
    ・17日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立春」から13日
    ┗「雨水」まで2日
    先勝
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:12
    月名(旧歴日):十二日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 蓬らい屋【ほうらいや】


文化人に愛された下町の店





大正3年(1914)ごろに屋台から始め、現地ではお隣の甘味処「福助」と同じく昭和3年(1928)に開業した。昭和25年から27年ごろに建てられた小意気な建物が2軒並ぶ様子は、いかにも下町っぽくてなかなか絵になる

創業当初にヒレカツが好評だったから、以来肉はヒレしか使わない。生の脂から毎日自家で作るラードとへットを半々に混ぜた揚げ油は、210~220度の高温と180度くらいの低温を使い分ける。肉汁が逃げないよう周りをガードするため、

まず高温の油で1分から1分半ほど揚げてから、低温の油に移してじわじわ揚げる。さすがにこの太さだから、蒸らす時間も含めて都合13分ほどと、かなり時間がかかる。

揚げ色濃いめの衣は薄くかりかりと香ばしく、肉は熱いつゆにあふれて、甘さがほんのり鼻に抜ける。「普通のことを普通のままに」作る下町のヒレカツは小津安二郎や安藤鶴夫などの文化人に愛され、近くは小泉純一郎元首相も賞味したという。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
東京五つ星の肉料理

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070855
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 東京五つ星の肉料理>豚肉料理>台東区    >    蓬らい屋

A D

東京五つ星の肉料理について
とんかつ,ステーキ,すき焼き,しゃぶしゃぶ,桜鍋,ハンバーグ,ビーフシチュー,軍鶏料理……あらゆる肉料理から,東京でこれぞという名店を料理記者・岸朝子が精選に精選を重ねて紹介。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の肉料理


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の肉料理[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】
  • 【発売日】2007-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80183-1










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の肉料理

東京五つ星の肉料理

  • 定価:360
  • すき焼の江知勝、鳥すきのぼたん、鴨す...>>続く
App store


関連辞典
東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理