見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・18日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から11日
    ┗「小雪」まで4日
    友引
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 色川【いろかわ】


江戸っ子店主の心意気





創業文久元年(1861)の老舗の6代目当主は、お祭り好きの江戸っ子・色川正則さん。「客からカネもらうんだ、うまいもん出さなきゃ。まずかったら客に失礼だ」

毎朝4時30分。色川さんは自転車で南千住や築地などの問屋を回り、自分の目にかなったうなぎだけを仕入れてくる。仕入れるうなぎは意外に、みな一様に細い。「うちのうなぎは昔から細いよ。細いほうが、脂肪が少なくて万人向きなのさ」

たれは代々の作り方で作り、つぎ足して使っている。「うなぎをたれに浸けるとき、脂がたれになじむんだ。客が多い店ほどうなぎをたくさん焼くだろう。たくさん浸けるほど脂がなじんでたれがうまくなるから、その分うなぎもおいしくなるんだ」

うなぎは注文を受けてから、色川さんがみずから客の前で、大きな団扇を片手に備長炭で焼く。仕事が毎日楽しくてしょうがないという色川さん。「店主になって30年以上経つけど、今も修業中だな。まだまだうまいものをつくれると思うよ」

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京五つ星の鰻と天麩羅

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070726
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:和田平  蒲焼 柳川 たつみや  初小川  鰻 やっこ  

   



A D

東京五つ星の鰻と天麩羅について
鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎,天麩羅のみかわ,山の上,近藤,天政,中清など,都内と近県の102の老舗・名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の鰻と天麩羅


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の鰻と天麩羅[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】102
  • 【発売日】2007-07-01
  • 【ISBN】978-4-487-80161-9










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
App store


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
Google Play

関連辞典
東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅