見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・16日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から9日
    ┗「処暑」まで7日
    赤口
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼釣ったその日に食卓にのぼる日戻りガツオの醍醐味



カツオの多くは主に遠洋と近海で操業される旋網(まきあみ)漁及び一本釣り漁で漁獲される。旋網漁でとられたカツオは船内で冷凍され、冷凍ものとして流通するほか、かつお節や缶詰に加工される。一本釣り漁によるカツオも、沿岸で漁獲されたもの以外は冷凍ものか加工品になる。この冷凍ものがあるから、われわれは四季を通して、カツオの味を気軽に楽しめるわけだ。
薩摩半島南端に位置する枕崎市(鹿児島県)は、旋網船と一本釣り船のカツオ水揚げ基地として広く知られる。そんな土地のカツオ好きに特別にひいきにされているのが、曳縄漁により沿岸で漁獲される日戻りガツオ。多くは漁師一人が5トン以下の漁船に乗り込み、両舷と船尾から6~8本の仕掛けを流し、7ノット(時速約13キロ)の速度で走りながらカツオを釣り上げる。「朝まだ暗いうちから釣り始めて、その日の入札に合わせて午後3時までに戻ってくる。だから日戻りガツオというんだ。釣ったその日のうちに食べるのだからじつにうまい。それに水温が低い沿岸まで寄ってきたカツオは、遠洋ものよりもずっと脂がのっているからな」と枕崎の曳縄漁30年というベテラン漁師は自慢した。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070016
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼釣ったその日に食卓にのぼる日戻りガツオの醍醐味

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本