見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から11日
    ┗「処暑」まで5日
    友引
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼一本釣り漁師好みのマヨネーズニンニク醤油の刺身だれ 



枕崎の一本釣り漁師から聞いたカツオ料理は豪快そのものである。「船の上ではめんどうなことはしない」という彼らの大好物はカツオの刺身。たれが普通ではない。マヨネーズとすり下ろしニンニクと醤油を混ぜ合わせて作る。それをたっぷりとからめてほおばる。ぬた状のマヨネーズニンニクカツオの舌ざわりと味をぐっと引き立てるのだ。奇妙な取り合わせ半信半疑の人は、一度温かいご飯と一緒に食べてみてごらんなさい。漁師の知恵に感謝するとともに、一本釣り漁師の気分まで味わえるはず。残った刺身はおろしニンニクとおろしタマネギを加えた醤油だれに2、3時間漬け込み、これをご飯にのせて湯をかけ、漁師流カツオ茶漬けを楽しんでいただきたい。
カツオ目利きは案外簡単である。まず丸々と太ったカツオ目を付ける。次に胸から尾にかけて流れる測線を見る。線がぼやけていて幅が広いカツオは脂がのっていてうまい。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070017
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼一本釣り漁師好みのマヨネーズニンニク醤油の刺身だれ 
  1. ◆「▼一本釣り漁師好みのマヨネーズニンニク醤油の刺身だれ 」の関連ワード

  2. 毛蟹

  3. ケガニ

  4. ▼釣ったその日に食卓にのぼる日戻りガツオの醍醐味

  5. ▼平均時速30キロのスピードで南方から大遠征


A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本