見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・15日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から7日
    ┗「霜降」まで8日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ハンバーグ【はんばーぐ】


語源となったドイツのハンブルクに、ハンバーグステーキはない!?



子どもに大人にも大人気の「ハンバーグ」。英語では「ハンバーグステーキ」と呼び、一八八四年頃にアメリカに出現した肉料理だが、はじまりはミンチ状の牛肉に調味料を加え、ステーキの形をまねて焼いた料理だった。その語源は、ドイツ北部の港町「ハンブルク」。もともとはモンゴル系の騎馬民族タタールが食べていた生肉の料理タルタルステーキが、ドイツのハンブルクでは焼いて食べる風習に代わり、それが定着したという。では、ドイツのハンブルクに行くと、ハンバーグステーキ屋ばかりなのかと思いきや、市内でハンバーグを中心にしているレストランは観光客向きばかりといえる。では、なぜハンバーグステーキという名前がついたのかというと、一八八〇年代、二五〇人ものヨーロッパ人が新天地を求め、大西洋を渡った時代にさかのぼる。そのなかのハンブルク出身のドイツ人移民の集団と一緒にアメリカに入った料理だったので、ハンブルクからきた人たちに敬意を払って、ハンバーグステーキと呼んだというのである。だが実際には、はじまりのときにはあり合わせの肉を集めて叩いてやわらかくして焼いたというものだったから、庶民の食べ物というイメージがあったようだ。結局のところ、食費も安く、おいしく食べやすい料理なので、庶民に広まっていったのだが、ハンブルクの人たちはこの安物肉のステーキハンブルステーキと呼ばれるのには、多少なりとも抵抗があったかもしれない。そして何より、実際のハンブルクではなくアメリカにその料理が渡ったことで、ハンバーグはアメリカで進化、大衆化し、一方のドイツではあまりハンバーグづくりは盛んにはならなかったのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820730
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:ピアノ  ビール  般若心経  番地  

   


  1. 雑学大全2>生活>食べ物    >    ハンバーグ
  1. ◆「ハンバーグ」の関連ワード

  2. ピアノ

  3. ビール

  4. 般若心経

  5. 番地


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2