見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から10日
    ┗「霜降」まで5日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 米【こめ】


コシヒカリの品種上の本名は、「農林一〇〇号」



海外赴任や旅行など、日本を離れていちばん恋しくなるのは、やはり日本の米ではないだろうか。日本の米市場の筆頭銘柄といえば「コシヒカリ」と「ササニシキ」。これらならば、おかずがなくても食べられるという人もいるだろう。コシヒカリササニシキには、一般に流通するときの名前とは別に、品種上の名前が付いている。コシヒカリが「農林一〇〇号」で、ササニシキが「農林一五〇号」だ。一〇〇号、一五〇号というからには、一号もあるのかといえば、「農林一号」も、もちろんある。農林一号は、山形県で小作人をしていた阿部亀治が明治二六年に創選し、現在の良食味品種の元祖といわれる「亀ノ尾」の孫にあたる。そして、この農林一号は、実はコシヒカリお父さんなのである。コシヒカリササニシキも、掛け合わせの品種改良によってでき上がった米だ。コシヒカリは、おいしくてとれ高も多いが、いもち病に弱い農林一号と、いもち病に強くて品質がよい農林二二号を掛け合わせた米で、味がよいうえに栽培適地が広く、耐寒性が高いなど、長所ばかりを集めてでき上がった優等生だ。ササニシキも東北の名米「ササシグレ(東北五四号)」と、コシヒカリ同じく農林一号と農林二二号を親とする「ハツニシキ(奥羽二二四号)」の掛け合わせだ。どちらも日本を代表するブランド米となった。ちなみに、コシヒカリに奥羽二九二号を掛け合わせたのが「あきたこまち」である。本来、こういった品種改良は、その土地の気候や土壌に合わせ、病気に強く、寒さに耐えられるようにといった目的でおこなっている。よりおいしい米をつくろうとする努力の結晶が、新種の米というわけだ。現在では、年間約二〇種類もの新種ができているが、実際に新種が誕生するまでには、一〇年以上の年月をかけるのが普通である。また、おいしい米をつくるだけでは、なかなか売れなかったりもする。そこで、米のイメージにピッタリの「名称」を付けてあげるわけだ。最近では、宮城県の「ひとめぼれ」のように、名称を公募するケースも増えている。コシヒカリササニシキブランド米に育った背景には、やはりネーミングのよさがあっただろう。パッケージに印刷されたネーミングが「農林一〇〇号」では、どんなにおいしいお米でも、消費者はなかなか手を出すまい。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820325
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:子持ち昆布  ゴヤ  狛犬  コブ  

   


  1. 雑学大全2>生活>食べ物    >    
  1. ◆「米」の関連ワード

  2. 子持ち昆布

  3. ゴヤ

  4. 狛犬

  5. コブ


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2