見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・17日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から10日
    ┗「小雪」まで5日
    先勝
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:28
    月名(旧歴日):二十八夜(にじゅうはちや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 上総・下総【かずさ・しもうら】


どうして北を「下総」、南を「上総」と呼ぶのか?



千葉県は、その昔「上総国(上総の国)」と「下総国(しもうさのくに)」という二国(二地域)に区分されていた。しかし、奇妙なことに、千葉県の北のほうが「下総」であり、南のほうが「上総」となっている。地図上で見ると、「上」と「下」が逆なのである。上総と下総といったような呼び方になったのは、およそ七世紀後半のこと。この頃は、地図上では「北が上をさすから、地名にも上という字を使う」といった基準はなかった。実は「上」と「下」に分ける場合は、都に近いほうが「上」、遠いほうが「下」と呼ばれていたのだ。だから、「上総」と「下総」では、当然、「上総」のほうが都があった奈良(あるいは京都)に近いということになる。ところが、もう一度、地図で確認してみると、都への道のりは断然「下総」のほうが近いのである。地図上では、「上総」から都へ行くには、「下総」を通り抜けないとルートがない。とはいえ、そう感じるのは、東海道が整備された江戸時代以降のことである。「上総」「下総」と名づけられた当時の東へのルートといえば、整備された道などはなく、海路でいく以外に道はなかったのである。そこで、都から千葉地方へ行くとすると、三浦半島から東京湾をわたり、まず南側にある「上総」へ上陸することになる。もし「下総」に行くなら、「上総」へ上陸後、そこから「下総」まで足を延ばすといった具合だった。そのため、「上総」と「下総」では、「上総」のほうが都に近かったのである。当時の東へのルートが海路だったことは、『日本書紀』のヤマトタケルの東国遠征の記述でもわかる。ヤマトタケル一行は上総へ行く途中、暴風雨に遭ったため、海の神の怒りを鎮めるために、妻のオトタチバナヒメが海に身を投げた、と書かれている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820161
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:カストロ  肩こり  火山灰    

   


◆関連最新まとめ


  1. 雑学大全2>そーだったんだ!>由来    >    上総・下総
  1. ◆「上総・下総」の関連ワード

  2. カストロ

  3. 肩こり

  4. 火山灰



A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play