見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 チャイム【ちゃいむ】


小中学校で鳴らされるチャイムのメロディは、ビッグ・ベンと同じ



いまも昔も変わらない「キーン・コーン・カーン・コーン」という学校のチャイム。このメロディは、ロンドンにある有名な時計塔「ビッグ・ベン」と同じ鐘の音である。この時計塔、ロンドンの中心街に位置するイギリス議会の議事堂のそばに建ち、人々に時刻を知らせ続けている由緒正しい歴史的建造物である。ウェストミンスター宮殿に付属していることから、時計塔の鐘の音は「ウェストミンスターの鐘」とも呼ばれている。だが、どうしてこの音が日本の学校のチャイムに採用されたのだろうか。採用されたのは戦後になってからである。とある中学校の教諭が、始業・終業の時刻を知らせるベルの音が「ジリリリリリリーッ」と、あまりにうるさいことから、それに代わるものはないかと考えていた。そんなとき、友人が戦時中に臨時ニュースで使われていたものをヒントに、鐘の音にしてはどうだろうと提案した。そこで、「ウェストミンスターの鐘の音」が選ばれたというわけだ。鐘の音のチャイムは、教育委員会や政府が決めたのではなく、一人の教員のアイデアからはじまったというわけなのだ。その後、次第に全国に広まっていき、現在でも変わることなく使われ続けているのだから、あの「キーン・コーン・カーン・コーン」という音は、よほど日本人の感性にあっていたのだろう。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820548
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:茶室  チャップリン  チャイコフスキー  地図②  

   


  1. 雑学大全2>趣味>音楽    >    チャイム
  1. ◆「チャイム」の関連ワード

  2. 茶室

  3. チャップリン

  4. チャイコフスキー

  5. 地図②


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2