見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・17日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から10日
    ┗「小雪」まで5日
    先勝
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:28
    月名(旧歴日):二十八夜(にじゅうはちや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 イクラ【いくら】


語源は「魚の卵」で、ロシア語でも「イークラ」と発音する



日本では、サケの卵を一粒ずつバラバラにほぐして塩漬けにしたものがイクラだ。明治時代にロシア人から、イクラのつくり方が伝えられたといわれている。語源はロシア語の「イークラ」で、「魚の卵」という意味である。イクラは、漁獲されてから数時間以内に、卵巣から卵をとり、その場で塩漬けや醤油漬けにされる。卵巣のままだと「スジコ」といい、こちらも塩漬けにする。生のスジコを買ってきて、家でイクラをつくることもできる。栄養としては、ビタミンAやパントテン酸が多く含まれる。コレステロールも多いが、中性脂肪値を下げる働きもある。ちなみに、マスの卵は「マスコ」、ニシンの卵は「数の子」、スケトウダラの卵は「タラコ」、トビウオの卵は「トビッコ」である。高級珍味「キャビア」はチョウザメの卵で、「カラスミ」はボラの卵を塩漬けにして干したものである。なお、イクラには、海藻抽出物で外側の膜をつくり、なかに植物油を入れ、天然色素で色づけされた人造イクラもある。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820036
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:  活けづくり    イカ  

◆「イクラ」がよく分かる関連まとめ


   


◆関連最新まとめ


  1. 雑学大全2>>    >    イクラ
  1. ◆「イクラ」の関連ワード


  2. 活けづくり


  3. イカ


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play