見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・16日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から9日
    ┗「小雪」まで6日
    赤口
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ヒラメ【東京雑学研究会編】


§ヒラメとカレイはどこが違う?



どちらも平べったくて、色や形もよく似ているのが、ヒラメとカレイ。両者に違いはあるのだろうか? あるとしたら、どうやって区別したらいいのだろう?
体のどちら側に目がついているかが、見分けるポイントである。ヒラメもカレイも、体の片方が黒っぽく、もう片方は白っぽい。目がついている黒っぽい方を表に、背びれを上にして置いてみて、左側に目のあるのがヒラメで、右側に目のあるのが、カレイである。「左ヒラメに、右カレイ」と、暗記してしまえばいい。
そもそも、ヒラメやカレイがこんな形をしているのは、海底で横倒しの姿勢になったり、砂地にもぐってじっとして暮らしてきたからである。普段は、砂地に似た黒っぽい方を上にして敵の目をごまかし、白っぽい方を海底につけている。ヒラメは、常に体の左側を上に、カレイは、右側を上にして、寝そべっているわけだ。
ヒラメもカレイも、先祖は普通の魚の形をしていたが、長い歳月を経て、体が海底向きに進化したのだ。
現在でも、どちらの魚も生まれたばかりの頃には、体を立てて普通の魚のように泳いでいる。だが、成長するにつれ、斜めに傾いて泳ぐようになり、次第に片方の目が移動して背中を越える。そして、海底生活を始める頃には、すっかり片側に寄ってしまう。
しかし、「左ヒラメに、右カレイ」の見分け方が通用するのは、日本近海に棲むヒラメとカレイだけで、例外もたくさんある。例えば、ヌマガレイはカレイなのに、目が左側についている。
ほかの見分け方として、「大口ヒラメの小口カレイ」というのもある。口の大きいのがヒラメ小さいのがカレイで、歯もヒラメの方が発達している。また、目のある側の色を比較すると、ヒラメには褐色や黄色の斑点があり、カレイは黒味を帯びた色をしている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670806
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:ビンビール  貧乏ゆすり  ピョートル大帝  標準時  

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>魚類    >    ヒラメ

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全