見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・12日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から5日
    ┗「小雪」まで10日
    友引
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 標準時【東京雑学研究会編】


§かつてはそれぞれの国で時間が設定されていた!



日付変更線と同様の理由から世界中の標準時区画の境界線はジグザグに折れ曲がっている。
地球は二四時間で一回転する。そのため、球形の地球の三六〇度を二四で割り、経度一五度ごとに一時間ずつの時差をもうけた。
それぞれの国は経度〇度のグリニッジ標準時を基準に、区切りのよい時差を決めて、自分の国の標準時を決めている。
グリニッジ標準時システムが広がったのは一八七〇年代のこと。
それまでは、それぞれの地域ではそれぞれの時刻を使っていた。しかし鉄道ができて、人々が広範囲に移動するようになると標準的な時刻表示を定める必要が発生してきた。アメリカ合衆国が、鉄道が使う標準時システムを制定し、まもなく国際的グリニッジ標準時システムが採用された。
チリや日本のように南北に長く東西に狭い国では、当然のように一つの標準時が設定されているだけである。
しかし、アメリカのように東西に広い国では、東海岸のニューヨークと西海岸のロサンゼルスの間に三時間の時差がある。また、中国では、経度からみると東西で六時間の時差があるにもかかわらず、すべての地域で北京標準時を使用している。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670804
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:ピョートル大帝  ヒラメ  表札  備品  

   


  1. ◆「標準時」の関連ワード

  2. ピョートル大帝

  3. ヒラメ

  4. 表札

  5. 備品


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全