見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・15日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から7日
    ┗「霜降」まで8日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 天気図【東京雑学研究会編】


§明日の天気がわかるのは戦争のおかげ!?



必要は発明の母である。明日の天気を予測する天気図もやはり誕生のきっかけはそれだったのである。
一八五三年のこと。ナイチンゲールが活躍したことでも知られるクリミア戦争が勃発した。ロシアトルコパレスチナにある聖地の管理権をめぐって争った戦争である。
そのときに、トルコ軍に加担しようとイギリスフランスの連合艦隊は黒海に集結していた。しかし、激しい暴風雨に大打撃を受け、そのうち一隻は沈没するという結果になってしまったのだ。敵は自然だったのである。
フランスの国防大臣は、パリ天文台長のニヴェイラに調査を依頼した。彼はそれがスペイン付近から地中海を経て黒海に来た暴風雨だということを解明するとともに、きちんとした天気図があればそれが予測できたということも確信したのである。
それで、フランスは気象局を設けて、気象観測をはじめ、天気図をきちんと作製するようになったのだ。
ちなみに、初の天気図は一八二〇年にドイツの物理学者ブランデスによって発明されている。しかし、このときはそれは実用化されなかった。明日の天気がわかるようになったのは、つまりは、クリミア戦争がきっかけだったのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670645
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:天気予報①  天気予報②  電化製品  テロとゲリラ  

   


  1. 雑学大全>自然>天候    >    天気図

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全