見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・10日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から3日
    ┗「冬至」まで12日
    友引
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:21
    月名(旧歴日):二十日余りの月(はつかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 玉椿[伊勢屋本店]【たまつばき】


可憐な乙女椿を思わせる
幸せ感漂う贅沢な上生菓子






元禄年間(1688~1704)の創業で、江戸時代後期には五代目の新右衛門が、江戸に出て菓子修業をした。十一代将軍徳川家斉の娘喜代姫が五代姫路藩主酒井忠学に輿入れした際、江戸風の上生菓子を献上したところ、みごとなできばえに感じ入った家老の河合寸翁が玉椿と命名。以来、玉椿は藩の御用菓子となったという。その後も人気は高く、今日に至るまで博覧会での受賞も枚挙にいとまがない
銘菓・玉椿の美味しさの秘密は原料にある。なかなか手に入りにくい白小豆を使い、ゆで卵の黄身と白砂糖を加えた餡を、餅に糖蜜を加えて練り上げた求肥で包み、最後に粉糖をふりかける。口に入れるとやわらかく、ふんわりした甘さが広がる、贅沢で幸せな気持ちになれる菓子だ。
ほかにも上品な甘さで評判の汐路、火打焼など播磨の歴史と関わりの深い銘菓が揃う。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
全国五つ星の手土産

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071851
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 全国五つ星の手土産>近畿>兵庫県    >    玉椿[伊勢屋本店]

A D

全国五つ星の手土産について
料理記者歴50年の岸朝子が全国津々浦々の土産銘菓を,伝統,味,地元定着度,地元推奨度,全国的知名度などの観点から厳選して紹介する,まさに日本国民必携の永久保存版手みやげ大全。
この言葉が収録されている辞典

 5つ星の手土産


  • 【辞書・辞典名】5つ星の手土産[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】368
  • 【発売日】2008年8月
  • 【ISBN】978-4487801350










この書籍の関連アプリ

 アプリ


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
App store


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
Google Play

関連辞典
全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産