見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・18日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から11日
    ┗「冬至」まで4日
    大安
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:29
    月名(旧歴日):晦(つきこもり/つごもり)/堤月(ていげつ)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 板おこし[二ツ井戸津の清]【いたおこし】


初代のアイデアから生まれた
噛み応えが人気の粟おこし






現在は九代目の中村一三さんが当主を継ぐ二ツ井戸津の清は、宝暦2年(1752)創業の粟おこしの元祖。初代津乃國屋清兵衛が、米で作った板状のおこしを売り出したところ、大変な評判となり、一躍大坂名物となった。わざわざ米粒を砕き、当時の人々が見慣れた粟粒状にしたのが独自の工夫で、粟おこしの名もそこに由来している。当時は、粟おこしを作るために使う砂糖の消費量が瀬戸内海一を記録するほどの人気だったそうだ。また、粟おこしは保存がきくため、近年では南極越冬隊やK2登山隊、捕鯨船の食料として使われたという歴史もある。
代表銘菓の板おこしには、粟おこしのほか、岩のようにかたい岩おこしショウガ入りの生姜おこしの3種類がある。かりっとした食感とほのかな甘さが好評で昔ながらファンも数多い。現代風にアレンジした、極上薄板おこしの浪花草紙も上品な味で人気がある

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
全国五つ星の手土産

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071846
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 全国五つ星の手土産>近畿>大阪府    >    板おこし[二ツ井戸津の清]

A D

全国五つ星の手土産について
料理記者歴50年の岸朝子が全国津々浦々の土産銘菓を,伝統,味,地元定着度,地元推奨度,全国的知名度などの観点から厳選して紹介する,まさに日本国民必携の永久保存版手みやげ大全。
この言葉が収録されている辞典

 5つ星の手土産


  • 【辞書・辞典名】5つ星の手土産[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】368
  • 【発売日】2008年8月
  • 【ISBN】978-4487801350










この書籍の関連アプリ

 アプリ


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
App store


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
Google Play

関連辞典
全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産