見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・1月(睦月/January)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「小寒」から13日
    ┗「大寒」まで2日
    先勝
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:1
    月名(旧歴日):新月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 肉桂餅[八百源来弘堂]【にっきもち】


南蛮貿易で栄えた堺が生んだ
エキゾチックな香りの求肥餅






16世紀後半の安土・桃山時代に、南蛮貿易の拠点として繁栄を極めた堺へもたらされた肉桂(シナモン)。高貴な香料として珍重されたが、子どもや女性の口には馴染みにくいものだった。それを甘い餅に混ぜて新しい味を考案したのが、当時堺で大きな商いをしていた貿易商の八百屋宗源。時代が下った元禄年間(1688~1704)に、菓子商となったその子孫が先祖の遺徳をしのんで作り上げたのが、現在も伝え続けられている肉桂餅である。
肉桂を練り混ぜた求肥で小豆のこし餡を包んだこの餅は、爽やかな清涼感と甘い香りが独特な味わい醸し出す。江戸期には茶の湯の席でも好まれたという。確かに渋い色とやわらかな肌合いには、侘び寂の風情がある。このほか、5月~9月には水羊羹の肉桂涼感が好評。かつての呂単の茶壺風の器に入った、懐中汁粉の利休茶壺は冬の人気商品だ。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
全国五つ星の手土産

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071845
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 全国五つ星の手土産>近畿>大阪府    >    肉桂餅[八百源来弘堂]

A D

全国五つ星の手土産について
料理記者歴50年の岸朝子が全国津々浦々の土産銘菓を,伝統,味,地元定着度,地元推奨度,全国的知名度などの観点から厳選して紹介する,まさに日本国民必携の永久保存版手みやげ大全。
この言葉が収録されている辞典

 5つ星の手土産


  • 【辞書・辞典名】5つ星の手土産[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】368
  • 【発売日】2008年8月
  • 【ISBN】978-4487801350










この書籍の関連アプリ

 アプリ


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
App store


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
Google Play

関連辞典
全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産