見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・1月(睦月/January)
    ・18日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「小寒」から12日
    ┗「大寒」まで2日
    赤口
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:12
    月名(旧歴日):十二日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 手打きだ【てうちきだ】


小粒でも店主の情熱がぴりりと効いた店





細長い店内に4テーブル14席のみと、銀座のそば屋のなかでは至極小さい。入口脇の手入れの行き届いた石臼が、店主・木田幸男さんの丁寧な仕事ぶりを語りかけてくるようだ。アパレル関係の会社に勤めていた木田さんは、人を使うのではなく自分の手で完結する仕事をしたいと考え、あるとき江戸東京そばの会を訪れた。そこで純粋な手打そばの魅力に触れ、縁あって大森の「布恒更科」(198頁)で一から学んだ。基本は布恒更科の味を踏襲するが、そば粉を茨城産7、北海道産3にブレンドするなど、独自の工夫も積極的取り入れている。

そばは外二のもり、十割の生粉打ち、玄そばを混ぜた幅広の荒挽き、色白の御前更科、季節の変わりそばの5種。このほか種そばから酒のつまみまでそろう品書きのすべてを店主一人で賄う。葛飾区の自宅から始発電車で通い、朝の5時半から石臼を回すという並大抵ではない苦労も、初めて訪れた人や足繁く通う常連がおいしそうに食べる姿を見ると霧散するという。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京-五つ星の蕎麦

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071231
    0
    しおり
  •      
  •      




   



A D

東京-五つ星の蕎麦について
並木藪蕎麦、巴町砂場、神田まつやなど伝統の技が味わえる名代の老舗から、やざ和、ほそ川、三合庵など進化し洗練された蕎麦でたちまち有名となった新鋭店まで、都内と近県の118の名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。蕎麦の基礎知識や全国の名店217軒の情報も付いた、まさに蕎麦好きのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 東京 五つ星の蕎麦


  • 【辞書・辞典名】東京 五つ星の蕎麦[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】217
  • 【発売日】2006-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80147-3










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の蕎麦

東京五つ星の蕎麦

  • 定価:360
  • 老舗から新鋭店まで、都内と近県の11...>>続く
App store


関連辞典
東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦