見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・9月(長月/September)
    ・14日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「白露」から6日
    ┗「秋分」まで9日
    大安
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:14
    月名(旧歴日):小望月(こもちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 銀座長寿庵【ぎんざちょうじゅあん】


鴨せいろ発祥の店





元祖鴨せいろの店。鴨せいろが誕生したのは昭和30年代初期のこと。「父と姉がいっしょに食事をしていたとき、もりそばを食べていた父が、つゆをこぼしてしまったんです。しかたなく姉が食べていた鴨南ばんのつゆでそばを食べたところ、これが意外にもおいしかったそうです。当時はまだ、冷たいそばには冷たいつゆがほとんどでしたから、冷たいそばをあたたかいつゆで食べるという意外性が受けたのだと思います」と、三代目の天野徳雄さん。今でも客の8割が鴨せいろを注文するという、長寿庵の定番メニューになっている。

長寿庵のそばは、北海道の江丹別にある自家農園で栽培したものを使用。二八で打つが、その際、そばの若葉から精製したハイルチンを混ぜるので、そばは淡い緑色をしている。ハイルチンはルチンの約400倍の栄養素を含み、高血圧や肝臓病、ストレスの解消に役立つといわれている。ちなみに鴨肉もコレステロールの低下や貧血の予防になるという。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京-五つ星の蕎麦

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071230
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 東京-五つ星の蕎麦>都内の名店88軒>中央区    >    銀座長寿庵

A D

東京-五つ星の蕎麦について
並木藪蕎麦、巴町砂場、神田まつやなど伝統の技が味わえる名代の老舗から、やざ和、ほそ川、三合庵など進化し洗練された蕎麦でたちまち有名となった新鋭店まで、都内と近県の118の名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。蕎麦の基礎知識や全国の名店217軒の情報も付いた、まさに蕎麦好きのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 東京 五つ星の蕎麦


  • 【辞書・辞典名】東京 五つ星の蕎麦[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】217
  • 【発売日】2006-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80147-3










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の蕎麦

東京五つ星の蕎麦

  • 定価:360
  • 老舗から新鋭店まで、都内と近県の11...>>続く
App store


関連辞典
東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦