見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・9月(長月/September)
    ・23日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気:「秋分
    友引
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:23
    月名(旧歴日):二十三夜待ち(にじゅうさんやまち)/真夜中の月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 大川や【おおかわや】


若き店主が頑張る





茨城産の「常陸秋そば」という品種のそば粉を使った手打ちそばの店。そばは丸抜き(実のまま)で仕入れ、真空・低温保存し、その日に使う分だけを石臼で挽いてすばやく打つ。自らそばを打つ店主の大川英児さんは、都内や埼玉の有名そば店で8年間修業した後、平成13年に「大川や」を創業、30歳という若さで独立した。手打ちにこだわり、昔ながらのそば作りが大川さんのモットーだという。

せいろも粗挽きも十割そば。せいろと粗挽きが別々に出てくる二色せいろと、1日20食限定の粗挽きそば(600円)が好評で、昼は季節の味ごはん、野菜の小鉢、せいろまたはかけそばが付く日替わり膳も用意。予約で10品前後のコース料理、予約なしなら7品ほどのちょっとおまかせコースが注文でき、どちらも最後にそばが出る。客の舌を飽きさせないため、酒の肴のメニューは毎日変わる。店内は照明を落とし和洋折衷の造りで、BGMには静かにアコースティックな音楽を流す。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京-五つ星の蕎麦

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071212
    0
    しおり
  •      
  •      




   



A D

東京-五つ星の蕎麦について
並木藪蕎麦、巴町砂場、神田まつやなど伝統の技が味わえる名代の老舗から、やざ和、ほそ川、三合庵など進化し洗練された蕎麦でたちまち有名となった新鋭店まで、都内と近県の118の名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。蕎麦の基礎知識や全国の名店217軒の情報も付いた、まさに蕎麦好きのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 東京 五つ星の蕎麦


  • 【辞書・辞典名】東京 五つ星の蕎麦[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】217
  • 【発売日】2006-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80147-3










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の蕎麦

東京五つ星の蕎麦

  • 定価:360
  • 老舗から新鋭店まで、都内と近県の11...>>続く
App store


関連辞典
東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦