見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・2月(如月/February)
    ・16日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立春」から12日
    ┗「雨水」まで3日
    赤口
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 牛鍋 太田なわのれん【ぎゅうなべ おおたなわのれん】


牛鍋の開祖はよっぱらい!?





能登出身の初代・高橋音吉が開港地横浜に出て牛の串焼きを売り、財を貯えて当地に店を開いたのが明治元年(1868)というから、牛鍋元祖を名乗るのもむべなるかな。

音吉はぼたん鍋にヒントを得て味噌で牛肉の臭みを消し、また朝から飲むほどの酒好きで肉を薄く切るのがメンドウだったから、今見るとおりのぶつ切りを考案(?)したという。

ともあれ店を140年もつづけてこられたポイントは、ひとえに味噌にあるという。江戸甘味噌にみりんや出し汁ほかを加えて練り、釜にひと晩寝かせた味噌はじんわりと濃く、割下ともよくなじむ。好みにもよるけれど、肉は半煮えくらいがおすすめ。熱い味噌だれをまといながら厚い角切りの中身はレアなステーキのよう。たぐいまれな食感についついのどが鳴る。

『フクちゃん』など横山隆一の絵を飾った店は静かで、従業員は折り目正しい。老舗です。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
東京五つ星の肉料理

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070897
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 東京五つ星の肉料理>牛肉料理>横浜市    >    牛鍋 太田なわのれん

A D

東京五つ星の肉料理について
とんかつ,ステーキ,すき焼き,しゃぶしゃぶ,桜鍋,ハンバーグ,ビーフシチュー,軍鶏料理……あらゆる肉料理から,東京でこれぞという名店を料理記者・岸朝子が精選に精選を重ねて紹介。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の肉料理


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の肉料理[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】
  • 【発売日】2007-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80183-1










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の肉料理

東京五つ星の肉料理

  • 定価:360
  • すき焼の江知勝、鳥すきのぼたん、鴨す...>>続く
App store


関連辞典
東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理