見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・2月(如月/February)
    ・21日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「雨水」から2日
    ┗「啓蟄」まで13日
    大安
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:16
    月名(旧歴日):十六夜(いざよい)/既望(きぼう)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 牛鍋 荒井屋 本店【ぎゅうなべ あらいや ほんてん】


一つの料理にさまざまな肉





通称親不孝通り、ピンク系の店が軒を接する一帯にあってただ一軒、昭和30年ごろ建築の純日本建築が、背筋をピンと張った頑固な父のように誇り高く、かつ温かな気を放って建っている。港がすぐ前の、いかにも横浜らしい立地の万国橋にしゃれた支店があるが、それでも本店を指定する予約客が多いのは、猥雑な雰囲気に負けないこの風格に惹かれてのことか。

黒毛和牛の仙台牛を中心に基本的に1頭買いし、さばいた肉を取り寄せる。だから鍋でもさしみでも、さまざまな部位を味わえるのが特徴だ。牛鍋には何種類かの肉が盛られ、牛さしみの霜降り肩バラは厚く甘く、脂たっぷりで肉々しい牛煮込みの頬肉は、味にふっくらふくらみがある。

店は明治28年(1895)に当地で創業。現在はオーナー兼女将の荒井順子さんが、4代目だったご主人の跡を継いで横濱料理・荒井屋の暖簾を守っている。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
東京五つ星の肉料理

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070896
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 東京五つ星の肉料理>牛肉料理>横浜市    >    牛鍋 荒井屋 本店

A D

東京五つ星の肉料理について
とんかつ,ステーキ,すき焼き,しゃぶしゃぶ,桜鍋,ハンバーグ,ビーフシチュー,軍鶏料理……あらゆる肉料理から,東京でこれぞという名店を料理記者・岸朝子が精選に精選を重ねて紹介。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の肉料理


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の肉料理[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】
  • 【発売日】2007-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80183-1










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の肉料理

東京五つ星の肉料理

  • 定価:360
  • すき焼の江知勝、鳥すきのぼたん、鴨す...>>続く
App store


関連辞典
東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理