見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・2月(如月/February)
    ・21日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「雨水」から2日
    ┗「啓蟄」まで13日
    大安
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:16
    月名(旧歴日):十六夜(いざよい)/既望(きぼう)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 王ろじ【おうろじ】


父から受け継いだ味を守る





大正10年(1921)神楽坂で開業し、昭和21年に現在地に移ってからも変わらず、現当主・来住野正明さんの父にして創業者の来住野松蔵さんは、路地の王さま?つまり王ろじ?そのままに頑固一徹、かつ創意と工夫に富んだ人だった。食材や調理の仕方、器、店のロゴに至るまで、よそと一緒を嫌った。

肉をひたすら叩くのも、サンドイッチのパンを焼かずに蒸すのも、和洋折衷の麹仕立てのとん汁も、カップソーサーが一体になったとん丼の器も?みんな松蔵さんのアイデアだ。

「客は大部分が常連。その人たちがみな昔の味を求めて来る。

父の作った味を伝えるのが、私の仕事かな」と来住野さん。

王ろじのとんかつはロースのみ。いい脂身をしょった肉から筋と脂身をほどよく削り取り、これを小さなハンマーで根気よく叩く。1本のロースを30~40分叩いてようやく、甘い脂の味わいを残しつつ、ヒレ好きにも好まれるロースができる。

「正直、腱鞘炎が辛い。でも、これも親父の遺産ですから」

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
東京五つ星の肉料理

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070883
    0
    しおり
  •      
  •      




   



A D

東京五つ星の肉料理について
とんかつ,ステーキ,すき焼き,しゃぶしゃぶ,桜鍋,ハンバーグ,ビーフシチュー,軍鶏料理……あらゆる肉料理から,東京でこれぞという名店を料理記者・岸朝子が精選に精選を重ねて紹介。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の肉料理


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の肉料理[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】
  • 【発売日】2007-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80183-1










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の肉料理

東京五つ星の肉料理

  • 定価:360
  • すき焼の江知勝、鳥すきのぼたん、鴨す...>>続く
App store


関連辞典
東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理