見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・16日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から9日
    ┗「小雪」まで6日
    赤口
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 満る善【まるぜん】


仲睦まじい夫婦が営む





昭和38年3月に父親が他界したとき、榎本俊英さんは20歳だった。「父が始めた店でしたが、私は手伝うこともなく、高校を卒業してサラリーマンになっていました」

もともと料理を作ることは好きだったため、一念発起して会社を退職し、「一から」と心に決めて和食全般の修業を開始した。「5年かかりましたよ。その間、店は母がやりくりしてくれました」。昭和43年、榎本さんは2代目として跡を継いだ。

店は今では珍しくなった6軒続きの長屋。小綺麗とはいえないが、庶民的な雰囲気が懐かしく、壁に掛かるすすけた品書きにも味わいがある。天丼700円、上天丼1000円、日本酒350円と、値段は何とも良心的。まぐろのぬた、柳川鍋など酒の肴にいい一品料理も揃っている。

初代の志を受け継いで、榎本さんは毎朝、オートバイで築地へ買い出しに行き、長年の経験を生かして下ごしらえに手間をかける。ともに働く奥さんの敏子さんとの息もぴったりだ。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京五つ星の鰻と天麩羅

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070787
    0
    しおり
  •      
  •      




   



A D

東京五つ星の鰻と天麩羅について
鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎,天麩羅のみかわ,山の上,近藤,天政,中清など,都内と近県の102の老舗・名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の鰻と天麩羅


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の鰻と天麩羅[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】102
  • 【発売日】2007-07-01
  • 【ISBN】978-4-487-80161-9










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
App store


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
Google Play

関連辞典
東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅