見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・20日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から13日
    ┗「小雪」まで2日
    仏滅
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:12
    月名(旧歴日):十二日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 京橋てんぷら 深町【きょうばしてんぷら ふかまち】


生うにの天ぷらが味わえる





店主の深町正男さんは、神田駿河台の山の上ホテルを退職後、平成14年に念願の天ぷら店を開業した。「高校を卒業してすぐに就職しましたので、山の上ホテルには35年間お世話になりました」と感慨深げに語る深町さんが料理長を務めた「山の上」は、池波正太郎の作品などにたびたび登場し、また優れた料理人を輩出してきた天ぷらの名門だ。

店は地下鉄京橋駅と宝町駅のほぼ中間、裏通りに建つ鉄筋7階建てのマンションの1階にある。昼のメニューは天丼と各種定食の4種類。生うに、はまぐり、ふぐの白子など、店主自慢の天ぷらを味わうには夜に訪れなくてはならない。うには北海道、はまぐりは茨城の鹿島、ふぐは下関と産地にこだわり、毎朝、自ら築地に出向いて新鮮なものを仕入れてくる。

生の胡麻を搾った太白胡麻油で揚げる天ぷらの衣は薄く、タネの味が際立ちながらも軽やかで上品な味わいだ。席数が15と少ないため夜は予約したほうがよい。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京五つ星の鰻と天麩羅

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070747
    0
    しおり
  •      
  •      




   



A D

東京五つ星の鰻と天麩羅について
鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎,天麩羅のみかわ,山の上,近藤,天政,中清など,都内と近県の102の老舗・名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の鰻と天麩羅


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の鰻と天麩羅[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】102
  • 【発売日】2007-07-01
  • 【ISBN】978-4-487-80161-9










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
App store


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
Google Play

関連辞典
東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅