見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・17日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から10日
    ┗「小雪」まで5日
    先勝
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 神田 はちまき【かんだ はちまき】


タネも揚げ方も江戸前





神田古書店街の1本南側のすずらん通りにあって、昔ながらの面影を残す構えが目を引く店。昭和6年(1931)に神田富山町で開業し、戦後、この場所に移ってきた。戦災を免れた建物を改装を重ねながら大切に使いつづけており、どっしりとした造りの店内には風格が漂う。

初代の青木寅吉さんが東京作家クラブを後援していたことから、昭和20年代には毎月この店で会合が開かれ、多くの作家が訪れた。店の壁に貼られた当時の写真や、江戸川乱歩、戸川貞雄ら錚々たる名前の見える色紙が往時を物語っている。

店を切り盛りするのは2代目の文雄さん、邦子さん夫婦。油は白絞と胡麻を7対3で使う。衣をたっぷりつけて揚げる天ぷらは色が濃く、甘からず辛からずの天つゆがよく染みてご飯に合う。きす、穴子、めごち、青柳など、築地で求める食材は江戸前が中心。定食も天丼もボリュームがあって値段は手ごろなところも、サラリーマンや学生の多い下町の店らしい。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京五つ星の鰻と天麩羅

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070745
    0
    しおり
  •      
  •      




   



A D

東京五つ星の鰻と天麩羅について
鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎,天麩羅のみかわ,山の上,近藤,天政,中清など,都内と近県の102の老舗・名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。
この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
App store


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
Google Play