見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・17日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から10日
    ┗「処暑」まで6日
    先勝
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:5
    月名(旧歴日):五日月(いつかつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼イサキ料理は水なますに尽きる



イサキは定置網や刺網、釣りで漁獲され、また遊漁船の格好の対象でもある。千葉県富浦町の沖合には大型のイサキが多く生息し、漁師も釣人も一本釣りでこの魚を狙っている。ぼくもこの好漁場でイサキ釣りに興じるのが楽しみで、幾度となく乗合船に乗り込んだ。またここではイサキの漁師料理をいくつか教えてもらった。塩焼き煮付け、から揚げ、吸い物ムニエルなど、イサキはどんな料理にも向く。それでも房総の漁師がよく作る水なますのうまさには、古今東西のどのイサキ料理もかなわないとぼくは断言したい。
某日、イサキ釣りを終えて船宿で一休みしていると、目の前にポンと見なれぬ料理が置かれた。氷水に魚のミンチが浮かんでいる。生臭いだろうなあと思って、食べるのを躊躇していると、それを察した船頭が「まずは食べてみろや」。こわごわ試食してみると、なんとも清涼な味わいで、生臭いどころか口の中がさっぱりする。あっという間にどんぶり一杯をたいらげてしまったぼくを見て、船頭はしてやったりとニヤリ。生魚と冷たい水とを取り合わせる料理なんて、世界のどこにもないにちがいない。傑作料理を生みだした房総の漁師の知恵に、つくづく感服した。その料理が水なますだ。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070404
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼イサキ料理は水なますに尽きる

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本