見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・21日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から14日
    ┗「処暑」まで2日
    大安
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼養殖魚のエサによし、酒の肴によし



鮮度が落ちやすく、また一度に多く漁獲されることから、かつては肥料にされていた。今でも養殖ハマチや養殖フグのエサによく使われる。「ほかではイワシをエサにするが、うちではキビナゴをフグに与えている。フグの身に臭みがないと好評ですよ」とフグ養殖業者から聞いたことがある。われわれがよく目にするのはキビナゴ丸干し。これを軽く火にあぶると酒の肴に向く。鮮度がいいキビナゴは、煮付け塩焼き、てんぷら、から揚げ、フライ、鍋、すり身などに向き、あなどれないおいしさなのだが、産地以外ではあまり知られていない。なお、キビナゴのダシ用煮干しは、カタクチイワシ煮干しと分けて「キビナゴイリコ」と呼ばれる。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070347
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼養殖魚のエサによし、酒の肴によし

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本