見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・16日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から9日
    ┗「処暑」まで7日
    赤口
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼出荷直前に脊髄に包丁を入れてしめる



関サバは一本釣りでていねいに漁獲されるだけでなく、その後の処置にも細心の注意がはらわれている。漁師は釣ったサバを船の生簀で生かして持ち帰る。港の小屋掛けで待機している漁協や仲買人の「買子」は、面買い(船のサバ全部を買うこと)をすると、港に設置している生簀に移す。このとき昨日釣ったサバと今日のサバはけっして一緒の生簀に入れない。精神的に落ち着いているサバの中に釣ったばかりの魚を混ぜると、全部のサバが落ち着きをなくして動き回り、傷つくことになるからだそうだ。
出荷にあたっては、その直前に脊髄に包丁を入れてしめる。それを氷水で血抜きをしてから、摂氏5度前後に保って運送する。こうした注意深い取り扱いの徹底もまた、関サバの評判を高めて全国ブランドに成長させた一因なのである。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070216
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼出荷直前に脊髄に包丁を入れてしめる

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本