見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・19日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から12日
    ┗「処暑」まで4日
    先負
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼佐賀関の漁師はコマセ(撒き餌)を使わない



佐賀関のサバ一本釣りには2通りの漁法がある。一つは1本の釣糸に疑似餌を20本ほど付け、船を止めて垂直に仕掛けをおろして釣る。もう一つは1本の釣糸に疑似餌を80本から90本と数多く結んで、船を潮流に任せて移動し、仕掛けを流しながら釣る。佐賀関ではこの漁法も一本釣りといい、前者と分けるときは「漕ぎ釣り」とも「飛ばし釣り」とも呼んでいる。疑似餌にはサバの皮に鳥の毛をまぜるなど、漁師それぞれが工夫を凝らす
ここのサバ一本釣りでほかと異なる大きな点は、漁師たちが撒き餌を一切使わないことだ。撒き餌のオキアミを振りまけば、よく釣れることはたしかだが、年中オキアミを食べる魚はどうなるか? エサを追いかける必要もないので運動不足となり、栄養過多で肥満化し、結果として味が落ちる。関サバの名声は撒き餌禁止の漁法によって守られているといっていいだろう。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070215
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼佐賀関の漁師はコマセ(撒き餌)を使わない

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本