見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・19日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から12日
    ┗「処暑」まで4日
    先負
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼ここの漁師は季節によって漁法を変える



国東町の漁師は、漕ぎ釣りと延縄の二つのタチウオ漁法を季節によって使い分けている。1~3月は水温が下がるため、タチウオが深い海に移動する。そこで道糸の150~180センチ間隔に枝ハリ80~100本を結び、水深300~400メートルの深場を狙う。エサは疑似餌かイカナゴ。船を回しながら釣るので漕ぎ釣りと呼ぶ。
4~12月のあいだはタチウオ比較的浅場に移るので、500~550本とたくさんのハリを結んで狙う延縄漁。エサはイカナゴや冷凍のイワシか豆アジ。国東町のタチウオ水揚げが多くなるのは6月と7月で、脂がのってうまいのは9月と10月。なおタチウオ漁ではエサ付けや箱詰めの人手が必要なため、国東町では夫婦船が多い。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070195
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼ここの漁師は季節によって漁法を変える

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本