見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・21日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から14日
    ┗「処暑」まで2日
    大安
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼房総半島の漁師料理「さんが」の作り方



房総半島には漁師料理として広く知られる、なめろう、水なます、さんががあり、これらはマアジで作ることが多い。マアジを三枚におろして皮をむき、さいの目に切った身に味噌、アサツキ、根ショウガ、青ジソの葉を混ぜ合わせながらたたく。これがなめろう。皿までなめるほどおいしいから、この名前で呼ばれるとか。味噌がはいっているから、たれなしで食べる。そのなめろうを氷水を張ったどんぶりに入れて、箸でかきまわしたものが水なます。暑い日の船上で食べる水なますほどうまいものはなく、漁師の大好物である。なめろうにつなぎの卵と小麦粉を加えて焼いたのがさんが。ハンバーグ状にまとめて、青ジソの葉を両面に1枚ずつ張り合わせサラダ油をごく少量引いたフライパンで両面を焼く。いずれのマアジ料理も手際よく作るのがコツである。
マアジは年間を通して漁獲され、年間を通して文句ない味だが、梅雨の時期から夏にかけてはとくにうまみを増してくる。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070151
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼房総半島の漁師料理「さんが」の作り方
  1. ◆「▼房総半島の漁師料理「さんが」の作り方」の関連ワード

  2. 水蛸

  3. ミズダコ

  4. ▼瀬付きアジは1キロ2500円の高値!

  5. ▼回遊性のアジか、瀬付きのアジか


A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本