見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・20日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から12日
    ┗「霜降」まで3日
    友引
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 美人【びじん】


国を傾けるほどの中国美人列伝



中国の美人を時代順に挙げていけば、妲己、褒?、西施、虞妃(虞美人)、王昭君、貂蝉、楊貴妃となる。これに則天武后(武則天)と西太后を加えれば、中国美人の勢ぞろいだ。まずは傾国の(国を危うくするような)美人だが、妲妃は伝説的な美人であると同時に悪女の代表でもある。殷の紂王(帝辛)の妃で、紂王とともに酒池肉林にふけり、殷が滅ぶ原因をつくったといわれる。褒?は、美人のために周の幽王に献上され、後に后になった人だ。褒?はほとんど笑うことがなかったといわれる。幽王はおもしろいこと楽しいことを何くれとなくあてがっても、いっこうに笑わない。あるとき、幽王が間違って諸国の軍隊に召集を命令したことがある。何事が起こったかと慌てふためいて王城に向かってくる軍隊のさまを見て、褒?がかすかに笑った。幽王はまた褒?の笑いが見たくてウソの命令を何回も下した。そのうち、本当に敵が攻めてきて幽王が軍隊を召集したとき、諸国の軍隊はまたウソなのだろうと思って出動を渋っているうちに、敵兵のために王城が乗っ取られてしまったという伝説が伝わる。褒?も傾国の美人である。西施は春秋時代の呉越の抗争に関わった美女である。結局は呉が滅びる原因をつくったので傾国の美女となるが、こちらのほうは政略によって越王勾践から呉王夫差に送られた美人だ。西施にぞっこんとなった夫差が政治を顧みなくなり、呉の政治が乱れた。これに乗じて勾践が夫差を滅ぼしてしまった。貂蝉は、後漢末の混乱期に董卓と呂布という二人の政治家の仲を引き裂こうとして政略的に送られた美人である。二人の間で貂蝉をめぐる争いが起こり、最終的に董卓が滅ぼされてしまう。これも傾国の美人だろう。一方、虞妃、王昭君、楊貴妃には悲しさがつきまとう。虞美人は、秦が滅んだ後、漢の劉邦と覇権を争った呉の項羽の愛人だ。項羽は何度も何度も戦いには勝ちながらも、最後は垓下で劉邦軍に囲まれてしまう。足手まといになった虞美人を殺して、項羽は勝ち目のない戦いに打って出て、壮絶な戦死を遂げた。王昭君は漢の元帝の後宮にいた美人だ。後宮には一人の皇帝のために何人もの女性が控えている。元帝は肖像画を見てその日の相手を決めていた。後宮の美女たちは、こぞって画家に賄賂を贈って美人に描いてもらおうとするが、王昭君は自他ともに認める美人だから、賄賂を贈ろうともしなかった。そのため、美人に描いてもらえず、結局、当時漢と争っていた外国の王に、平和の代償として贈られてしまう。楊貴妃は唐の時代の人である。玄宗皇帝は、息子の妻妾(めかけ)だった楊玉環があまりにも美しいので横取りして自分の後宮に入れた。後に「貴妃」となったため、楊貴妃と呼ばれるようになる。玄宗が政治に興味を失ったとき、安史の乱が起きる。反乱軍に押されて逃亡する途中で、玄宗を守っていた兵士から楊貴妃の殺害を要請され、やむなく楊貴妃を殺してしまった。則天武后と西太后は、ときの皇帝に見初められて出世し、最後は政治を左右する力をつけた美人たちで、女傑といっても差し支えないだろう。則天武后の名は武照である。唐の太宗の後宮に入ったが、太宗には気に入られなかった。太宗が亡くなった後、当時のしきたりにしたがって寺に入って尼になった。普通なら一生尼としての生活を送るのだが、武照は太宗の息子の第三代皇帝高宗のお目にかなって、例外的に高宗の後宮に入ることができた。後はトントン拍子に出世して皇后になり、産んだ子どもたちが皇帝になった。しかし、武照はそれでも飽きたらず、息子を廃して自ら皇帝になり周(武周)王朝を開いた。中国史上唯一の女帝になったのである。この王朝は則天武后が亡くなると廃されて、唐王朝が復活することになる。西太后は、いまから約一〇〇年前の清王朝後期に活躍した女傑だ。皇帝の別荘だった円明園で下級女官として働いていたとき、咸豊帝(文宗)に見初められて後宮に迎えられ妃となったといわれる。咸豊帝の死後、自分の息子が皇帝になったので、西太后と呼ばれるようになった。東太后(咸豊帝の皇后が皇太后になった後にこう呼ばれた)の死後、実権を握り、清朝末の政治に関与した。日清戦争のときの清朝の最高権力者である。一九〇八年に亡くなったが、わずか三年後の一九一一年に辛亥革命が起こって、清朝は滅亡した。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820739
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:美術館  日立  ピサの斜塔  ヒゲ②  

   


  1. 雑学大全2>生活>おしゃれ    >    美人
  1. ◆「美人」の関連ワード

  2. 美術館

  3. 日立

  4. ピサの斜塔

  5. ヒゲ②


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2