見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・17日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から9日
    ┗「霜降」まで6日
    大安
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 煮込色【にこみいろ】


煮込んだ色とはどんな色?



ダシと醤油でコトコトと煮込んだ煮物といえば家庭の味の一つ。その煮汁にひたしたような色は「煮込色」と称される。もとは染色業者の用語だったそうだ。「煮込色」と聞いて想像するのは、醤油の香りがしそうな濃いめの赤茶色ではないだろうか。だが、染色業者の間では、赤茶色に限らず、どんな色でも濃い目の色は「煮込色」と呼んだそうだ。煮込色仕上げるためには、黒系の色で下染めをしっかりとする必要があった。この下染めを醤油味のだし汁やつけ汁である「下地」に見立て、煮物をイメージして煮込色と呼んだのではないかといわれている。こうした色と味の関係性は、現代の日本語にも残っている。たとえば「黄味がかった緑色」といった場合、黄色という味がややついた緑色というように解釈でき、色のつき加減を味のつき加減にたとえたものと考えられる。一方、日本語の色名は英語やフランス語のそれに比べて、飲食物に由来しているものが少ないともいわれる。たとえば果実に由来する日本語の色名はオレンジ色系の「柑子色」「蜜柑色」「柿色」といったくらいだが、ヨーロッパの言語では「チェリー」「ストロベリー」などジャムの材料になる果実の多くはそのまま色名になっている。嗜好品であるアルコール類をみてみると、日本酒や焼酎に由来する色名はまったくないといってもいいが、一方で英語やフランス語では「ワイン」「コニャック」という色が存在し、さらに同じワインでも細かく「ボルドー」や「ブルゴーニュ」と産地ごとの色名があったりするほどだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820655
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:二刀流  虹①  ニコチン  仁王像  

   


  1. 雑学大全2>趣味>    >    煮込色
  1. ◆「煮込色」の関連ワード

  2. 二刀流

  3. 虹①

  4. ニコチン

  5. 仁王像


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2