見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から10日
    ┗「霜降」まで5日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 仁王像【におうぞう】


池上本門寺の仁王像のモデルは、アントニオ猪木



東京の大田区にある池上本門寺は、日蓮宗の開祖である日蓮聖人の終焉の地となった鎌倉幕府の御家人の屋敷跡に建てられた寺である。屋敷の主人であった池上宗仲が土地を寄進し、日蓮の弟子の手によって伽藍が設けられたのが最初という由緒を持つ。その寺が、太平洋戦争の戦火で山門と仁王像を焼失してしまった。そこで、池上本門寺は、一九八一(昭和五六)年の日蓮七〇〇年忌を前に、その再建を計画した。そのとき仁王像の制作を依頼した彫刻家が、後に文化勲章を受章する圓鍔勝三。彼は、制作にあたって仁王像モデルを求めた。仁王像は、武器を持った半裸の金剛力士像であり、その盛り上がる筋肉や力を込めたときの肉体の変化を、よりリアルにするには、モデルがいたほうがよかったのだ。さらに作家は、本門寺が創建された時代の中世の日本人といまの日本人は骨格も体型も変わってきているからということで、「昭和という時代の仁王像」制作をめざした。そのとき、モデルに選ばれたのが、当時、異種格闘技で世間を騒がせていた、あのプロレスラーのアントニオ猪木だった。池上本門寺には、猪木の師である力道山の墓があった縁もあり、また、その力道山の関係で節分の豆まきにプロレスラーを招いたりしていたために、プロレス界と近しい関係があったからだという。仁王像は一九七八(昭和五三)年に完成、前年に完成していた山門に置かれ、日蓮聖人報恩事業を彩ったのだった。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820653
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:ニコチン  煮込色  ナンバリング  ナンバー  

   


  1. 雑学大全2>趣味>芸術    >    仁王像
  1. ◆「仁王像」の関連ワード

  2. ニコチン

  3. 煮込色

  4. ナンバリング

  5. ナンバー


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2