見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・15日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から7日
    ┗「霜降」まで8日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 クローン【くろーん】


ギリシア語で「小枝」を意味し、植物学で使われはじめた



クローン」はギリシア語で「小枝」を意味する。一本の枝から生える小枝は、何本あっても遺伝的に同じであるということから、一九〇三年に生物学者のH・J・ウェッバーが提唱したとされている。もともとは植物学で使われていた言葉で、イモの親株が子株の一部になるように生殖によって生まれた子孫や、挿し木で増やしたブドウの木などをさしていた。現在では、これを動物に対しても使い、もとのものとまったく同じ遺伝情報を持つものをクローンと呼んでいる。一九九一年、スイスとアメリカの科学者が三匹のクローンマウスを誕生させ、これが哺乳類クローン第一号となった。五年後の一九九六年にはイギリスクローン羊の「ドリー」が誕生、さらにその翌年にはアメリカでクローン牛が誕生した。日本でも一九九八年にクローン牛が誕生している。こうした動物のクローンをつくるようになった大きな目的は、家畜の優良品種を大量生産することにあった。しかし一九九六年にはアメリカの霊長類研究センタークローン猿まで誕生。世界初の霊長類クローンであり、いよいよ人間のクローン誕生も間近に迫ってきたと感じさせた。だが実はクローン猿誕生より前の一九九三年にヒトクローンの受精卵がすでに培養されていた(培養が確認された段階で破棄されている)。ちなみに自然界には、人工的にではなく、自然にクローン生まれることもある。それが一卵性双生児だ。一卵性双生児は、受精卵が妊娠中に二つに分かれ、それぞれが成長して生まれてきた双子。なぜ受精卵が二つに分かれてしまうのかは解明されていないが、自然分娩であっても一卵性双生児生まれる確率は一〇〇〇組に四組という。一卵性の場合は外見が似ているだけにとどまらず、遺伝子情報がまったく同じであり、つまりクローンなのだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820263
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:クローン羊  黒船  クレオパトラ色  クレオパトラ  

   


  1. 雑学大全2>社会>社会    >    クローン
  1. ◆「クローン」の関連ワード

  2. クローン羊

  3. 黒船

  4. クレオパトラ色

  5. クレオパトラ


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2