見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

クローン

  クローン

     複製生物。単一の細胞や個体から無性生殖的につくられた細胞群や個体。もとの細胞・個体と同じ遺伝形質をもつ。▽clone・・・

  クローン病

     小腸の最後の部分(回腸)を中心に小腸の他の場所や大腸、胃などの粘膜に潰瘍(かいよう)ができ、下痢や腹痛が続く原因不明の病気。難病として厚生労働省特定疾患に指定されており、専門医による治療が望まれる。・・・

  クローン

     【解説】無性生殖によって生成される遺伝子組成の全く同一な個体群。複製(コピー)生物。【補足解説】バイオテクノロジーによって細胞・遺伝子段階の複製・組み替えも研究されつつある。・・・

  クローン人間

     もとの人間と同一の遺伝子をもって誕生させた人間 クローン人間の作製には、女性の卵子から核を取り除き、そこに別の人間の体細胞から取り出した核を移植してクローン胚をつくる方法がある。このようにしてできたクローン胚は、女性の子宮に戻して着床させると、成長してクローン人間になる。 通常の・・・

  クローン人間

     クローンとは、ギリシア語の「植物の小枝」を意味する言葉であるが、最近では、もとのものと同じ遺伝情報を持つ個体、細胞、遺伝子としてよく知られるようになった。クローンの例としては、挿し木や取り木で増えた植物、培養器の上で一個の細胞が分裂して増えた細胞群、特定の遺伝子のコピーなどがある・・・

  クローン

     「クローン」はギリシア語で「小枝」を意味する。一本の枝から生える小枝は、何本あっても遺伝的に同じであるということから、一九〇三年に生物学者のH・J・ウェッバーが提唱したとされている。もともとは植物学で使われていた言葉で、イモの親株が子株の一部になるように生殖によって生まれた子孫や・・・

  クローン羊

     一九九六年にイギリスで誕生したクローン羊の「ドリー」。この名前はグラマラスなアメリカ人カントリー歌手、ドリー・パートンにちなんでいる。その理由は乳腺にあったのだという。ドリーは分化のすすんだ体細胞からクローンをつくるという、体細胞クローンで生まれた。哺乳類としては世界初の体細胞ク・・・

  クローン

     「ドリー」が代表例とされる,同一の遺伝子によってつくりだされた生物のこと。・・・


list2