見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・15日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から7日
    ┗「霜降」まで8日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ホタテガイ【東京雑学研究会編】


§ホタテガイは泳ぐことができる?



お刺身にフライバター焼きと、食卓でも親しまれているホタテガイ。アイヌ語でサラカピーというこの貝は、古くから北海道の味覚の一つだった。現在のように広く食べられるようになったのは、昭和四〇年代に養殖技術が飛躍的に進歩してからのことである。
あんなに大きく、不器用そうな二枚貝だが、ホタテガイは、ジェット泳法の持ち主なのだ。
前進するときは、両方の殻を強く開閉しつつ、いっぱいに吸い込んだ水を、前の部分から斜め後方に勢いよく噴出させる。反対に、後退するときは、殻のへりから水を前方に吹きだす。
ホタテガイは、この反動を利用したジェット泳法で、一度に一~二メートルも素早く移動できる。ほかの貝には、まねのできない方法で、ヒトデやカレイなどの天敵から逃げ、身を守っているのである。
「それは、泳ぎじゃなくてジャンプだよ」、と言う人もいるだろう。
では、こんな言い伝えを紹介しよう。アイヌ民族の伝説によると、奥尻島でホタテが大漁のときは、対岸の寿都で不漁となる。反対に、寿都で大漁のときは、奥尻島で不漁となる。これは、ホタテが平たいほうの殻を、舟の帆のように立てて海上を滑走し、奥尻島と寿都の間を行き来しているからだという。ホタテガイという名は、帆を立てることにちなんでいる。
これは伝説だが、ホタテガイが海を渡っているところを目撃したという記録もある。
北海道の沿岸を航海していた船の船員が、ある夕方、海面に真っ白な帯のようなものが流れているのを発見した。よく見ると、それは殻を開いて、その一方を帆のように立て、風を受けては沖へと進む、ホタテガイの大集団だった。ぎっしりと海に浮かんだ貝と貝がぶつかり合って、音をたてていたという。
こんな不思議な光景を、一度でいいから見てみたいものだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670878
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:ホタル①  ホタル②  ほくろの毛  頬杖  

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>魚類    >    ホタテガイ
  1. ◆「ホタテガイ」の関連ワード

  2. ホタル①

  3. ホタル②

  4. ほくろの毛

  5. 頬杖


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全