見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・15日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から8日
    ┗「小雪」まで7日
    大安
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ナポレオン【東京雑学研究会編】


§ナポレオンは、香りの好みの不一致で離婚した?



ナポレオンは、社交界の花だった六歳年上の未亡人ジョゼフィーヌにすっかり惚れこみ、口説き落として一七九六年に結婚した。
ナポレオンが帝位に就くと同時に、ジョゼフィーヌも皇后となり、アツアツぶりを周囲に見せつけた二人だったが、一八〇九年には離婚してしまう。
その原因は、二人とも浮気癖がおさまらなかったためとも、後継ぎとなる子どもができなかったためともいわれているが、もう一つの原因として噂の種になったのが、二人の香りの好みである。
二人とも、一か月に何十本もの香水を使うほどの香水好きだった。ここまでなら、共通の嗜好ということで、むしろ夫婦仲にはプラスに働きそうだ。
ところが、二人の香りの好みは、全く違っていたのである。
ナポレオンが愛用していたのは、ジンチョウゲから採る沈香など、植物性の軽い香り。
とりわけ好んだ「ローズ・マリー」というオーデコロンも、あっさりした香りだった。
ところが、ジョゼフィーヌが愛用したのは、動物性の麝香の香り。別名ムスクというこの香りは、中央アジアに生息するジャコウジカの雄の包皮腺(香嚢)からとる濃厚なもので、異性を引きつける効果があるといわれている。
しかし、ただでさえ濃厚な麝香の香水や香油を、好き放題に使うものだから、ジョゼフィーヌの部屋は香りでむせ返るほどだったという。
好みに合わない香りを嫌というほど嗅がされて、ナポレオンは何度も妻に文句を言っていたという。
ナポレオンは、その後オーストリア皇女のマリ・ルイーズと再婚するが、ジョゼフィーヌが死去するまで、二人は文通を続けていた。近くにいて趣味に合わない香水さえ嗅がされなければ、好ましい相手だったのかもしれない。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670712
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:ナマケモノ①  ナマケモノ②  七つの海  納豆  

   


  1. 雑学大全>ヒトの不思議>人物    >    ナポレオン
  1. ◆「ナポレオン」の関連ワード

  2. ナマケモノ①

  3. ナマケモノ②

  4. 七つの海

  5. 納豆


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全