見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・14日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から7日
    ┗「小雪」まで8日
    仏滅
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 テキーラ【東京雑学研究会編】


§テキーラは山火事が原因で生まれた!?



アルコール度の高いことで知られるテキーラは、メキシコの植物でリュウゼツランの一種から造られる酒だ。植物の名をアガベ・アスール・テキラーナという。
この名前から、原料の植物が酒の名になったように思えるが、実際はシエラマドレ山脈の北側にあるハリスコ州の村、テキーラに由来する。
今ではジン、ラム、ウオッカと並んで世界の四大蒸留酒とされるテキーラだが、誕生のきっかけは、偶然の出来事だった。一八世紀半ばの、メキシコがまだスペインの統治領だった時代のこと。アマチタリャ地方で大きな山火事があったとき、その焼け跡にアガベ・アスール・テキラーナが黒焦げになって残っていたが、一面にいい香りが漂っていたという。
村人の一人がけげんに思って焼け焦げた植物を押しつぶすと、中からチョコレート色をした液が染み出てきて、なめると甘い味がした。そこで、その汁を集めて絞り、発酵させてみたところ、無色の極上の酒となったのがテキーラ醸造の始まりとか。そのため、質のよいアガベ・アスール・テキラーナのあったテキーラ村が、この酒のメッカとなったのだ。
また伝説によれば、この酒の最初の発見者はハツカネズミで、植物の甘い汁を巣に溜め込んでいるのを人間が見つけ、それを集めて発酵させてつくるようになったともいう。が、これは一〇〇〇年も前の話で、実際にはスペイン人が南米大陸を訪れるようになってから、本格的な蒸留工場が誕生したようだ。
それでも、メキシコ産の特殊な酒でしかなかったテキーラが、現在のようなメジャーな存在になったのは、一九四九年のアメリカでのカクテルコンテストで、テキーラベースにした「マルガリータ」が入賞したことがきっかけだった。
今では、テキーラを名乗ることができるのは、ハリスコ州全域とミチョアカン州、ナヤリット州の一部地域で蒸留されたものだけ。このようにメキシコ政府が決め、厳しい品質管理が行われているのは、フランス格付けワイン並み。隣接の州で生産されるものは、原料や製法は同じでも「ピノス」という名で販売されている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670635
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:凸凹  鉄道①  手刀  ティッシュペーパー  

   


  1. 雑学大全>生活>飲み物    >    テキーラ
  1. ◆「テキーラ」の関連ワード

  2. 凸凹

  3. 鉄道①

  4. 手刀

  5. ティッシュペーパー


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全