見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・16日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から9日
    ┗「小雪」まで6日
    赤口
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ティッシュペーパー【東京雑学研究会編】


§ティッシュペーパーが二枚重ねなのはなぜか?



ティッシュペーパーが日本ではじめて生産されたのは一九五三(昭和二八)年、普及し始めたのはその約一〇年後頃と言われている。アメリカ文学の紹介者として名高い常盤新平氏が、若い頃、「クリネックス」という単語が何のことだかわからなかったと書いていたが、今はティッシュペーパーが普及する前に庶民が使っていたチリ紙の存在を知る者の方が少数派かもしれない。
ところでティッシュペーパーは二枚重ねが普通だが、これはいったいなぜか。
実は、柔らかさと強さという、相反した特徴を追求した結果だという。
ティッシュペーパーは、化粧落とし用「クリネックスティシュー」として一九二四(大正一三)年にアメリカで開発された。
デリケートな顔に使うため柔らかさが必要とされた。薄いほど高級感があり、使い心地もいいのだが、薄すぎると破けやすくなって、かえって使いにくくなる。
そこで、柔らかさはそのままに、破れにくくするために二枚重ねというアイディアが採用され、定着したのだ。
日本工業規格(JIS)が適用されるのも、二枚重ねの平判ティッシュペーパーに限定されている。規格は市販されている箱入りドライクレープ(柔軟性を持たせるためのしわ)をほどこしたものが対象で、ポケットティッシュは対象外だ。
一箱の枚数も、三〇〇枚(一五〇組)と四〇〇枚(二〇〇組)の二種類とされてきたが改定され、最近では箱のコンパクト化に合わせて、三二〇枚、三六〇枚などさまざまなタイプが出てきている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670633
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:手刀  テキーラ  帝王切開    

   


  1. 雑学大全>生活>モノ    >    ティッシュペーパー
  1. ◆「ティッシュペーパー」の関連ワード

  2. 手刀

  3. テキーラ

  4. 帝王切開



A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全