見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・20日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から12日
    ┗「霜降」まで3日
    友引
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 千家【東京雑学研究会編】


§表千家と裏千家は兄弟げんかが原因で分離した?



茶の湯には、「表千家」と「裏千家」がある。どちらも千利休を開祖としているのに、表と裏があるのは、どうしてなのだろう。
この二つは、そもそも同じ流派で、「利休流」と呼ばれていたのである。
利休は、豊臣秀吉によって切腹を命じられたので、千家は一時断絶の憂き目にあった。しかし、会津若松の蒲生家に預けられていた、利休の子、少庵が秀吉に召し出されることとなり、千家の再興がかなったのである。
少庵の子である宗旦は、寺に入って僧としての修行をしていたが、千家が再興すると、還俗して千家の三代目となった。
この宗旦は、老齢になって余命いくばくもないことを悟ると、それまで住んでいた屋敷を、息子の一人宗左に譲った。そして、自分は、そこの北側裏手にある隣接地に屋敷を建て、別の息子の宗室とともに移り住んだ。いわば、隠居したようなものである。
ところが、その後、宗左と宗室は、意見が合わずにいさかいを起こし、別々の流派を立てることとなった。つまり、利休のひ孫の代になって、「利休流」は分裂したのである。
分裂した流派には、それぞれの名前をつけなくてはならない。宗左の住む屋敷は表側にあったので、「表千家」、宗室は裏側に住んでいたので、「裏千家」とした。その後、現代に至るまで、表千家の家元は代々が宗左を、裏千家の家元は代々が宗室を名乗っている。
兄弟ゲンカから二つの家に分かれ、それでも隣り合って住んでいるという、どこにでもありそうな話である。
ところで、宗左と宗室のいさかいは、茶の湯の作法についてであり、深刻に敵対したわけではない。表千家が徳川家に仕えたのをはじめ、どちらの流派も有力大名らの庇護を受けつつ、茶道の隆盛を図ってきた。また、裏千家は、明治以降、職場を中心とした婦人層や、女学校へも茶の湯を広め、近年では海外への普及にも努めている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670542
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:千手観音    選挙  世論  

   


  1. 雑学大全>そーだったんだ!>由来    >    千家
  1. ◆「千家」の関連ワード

  2. 千手観音


  3. 選挙

  4. 世論


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全