見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・19日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から11日
    ┗「霜降」まで4日
    先勝
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 選挙【東京雑学研究会編】


§開票が終わってないのになぜ当選がわかる?



選挙のときに、いつも不思議に思うことがある。開票一%で、まだ始まったばかりだというのに、当選確実が打たれることがあるからだ。
例えば、八割開票したとかせめて過半数開いたというなら、そういう予想もできるのかもしれない。なぜ、ほとんど票があかないうちから、当確がわかってしまうのだろう。
この当選確実というのは、実際には各報道機関がその責任において発表しているものである。当選という文字を出すからには、各機関はきちんと事前調査をしている。
当選確実を出すために行う事前調査とは、当日までの票読みと世論調査である。選挙区の産業や人口の構造からその傾向を割り出し、各陣営への細かな取材を重ねて、票の流れを読む。さらに、電話アンケートなどで住民の声を聞き、裏付けするのである。
さらに、当日は投票所から出てくる人をキャッチして、支持政党を聞くという出口調査を行い、よりその予想を裏付ける
実際に開票が始まったら、開票現場で積まれている票の高さや取り出される得票数を確認し、それを報告する。データとしてコンピュータに入力したら、それで当落がわかるのである。しかし、そこまで綿密に行っていても間違いは起きてしまう。当確が出てバンザイをした後で、実は落選だったというケースも時々起きてしまうのである。それは、報道機関同士の過当競争によるものである。少しでもよそより早く当確を出したいという気持ちがあせりとなって、ミスが出てしまうのである。いかにハイテクを用いても、やはり人の心を読むのは本当に難しいということか。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670541
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:千家  千手観音  世論  零戦  

   


  1. 雑学大全>社会>社会    >    選挙
  1. ◆「選挙」の関連ワード

  2. 千家

  3. 千手観音

  4. 世論

  5. 零戦


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全