見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・12日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から5日
    ┗「小雪」まで10日
    友引
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 象【東京雑学研究会編】


§象は鼻から水を吸っても痛くないのか?



象の長い鼻は、とても便利にできている。食べ物を口に運んだり、振り上げて敵を威嚇したり、水を吸い込んだりと、何とおりもの働きをしているのだ。
もし、あの鼻がなかったら、象はいちいち座って食べ物を食べたり、水を飲んだりしなければならない。いくら足が太くて丈夫でも、あの巨体をその度ごとに上下させるのでは、大変な負担である。あの鼻がなかったら、象は生きてはいけないだろう。
ところで、私たち人間が、鼻から水を吸い込んだりしたら、激しくむせて痛みを感じる。象は、一度に五~一〇リットルもの水を吸い込んでいるそうだが、痛くないのだろうか?
私たちがむせるのは、吸い込んだ水が気管に入ってしまうから。ところが、象は、気管の手前で水を止めるテクニックを持っているので、平気なのである。
象の鼻は、人間のものと違って、骨も軟骨もない。また、人間の上唇にあたるものも、鼻と合体しており、四万本もの筋肉でできている。そのため、あれほど器用に動かすことができるのである。
鼻の先端には、指のような役目をする突起があるので、リンゴなどを上手につかむことができる。さらに、そこには痛みを感じる神経がないので、ちょっとやそっと乱暴に動かしても、平気なのである。
一方、生まれたばかりの子どもの象は、水を吸ってはときどきむせている。これは、どの程度まで水を吸っていいのかわからず、気管に入れてしまったためと考えられる。大きくなるにつれてむせなくなるところを見ると、成長の過程で、どこまでなら吸っても大丈夫なのか、経験を積んで学習しているのだろう。
水浴びしている象が、自分の鼻から水を吹き上げシャワーのように浴びていることがあるが、あれも、気管の手前でいったん止めて、鼻に溜め込んだ水である。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670544
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:葬式①  葬式②  千手観音  千家  

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>動物    >    
  1. ◆「象」の関連ワード

  2. 葬式①

  3. 葬式②

  4. 千手観音

  5. 千家


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全