見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・14日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から7日
    ┗「小雪」まで8日
    仏滅
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 深海魚【東京雑学研究会編】


§深海魚はなぜ水圧につぶされないのか?



漁業法の進歩から、食卓にも頻繁にのぼるようになった深海魚。お味の方はなかなかであるが、実際、深海魚はなぜ水圧でつぶされずに棲息しているのであろうか。
水中は一〇メートルごとに、一気圧ずつ水圧が高くなる。潜水すると鼓膜が押され、耳が痛くなるなど、生体には変化が起きる。このことから考えれば、水深一〇〇〇メートルなどといえば、魚はつぶれてしまっても不思議はない。
一つの実験の結果をお教えしよう。空き缶に肉の固まりを入れ、水深三〇メートルにつるしてみたとする。すると、このとき、肉には何の変化はないものの、あきかんはつぶれてしまうのだ。肉もその水圧に押されて縮むものの、それは缶ほどの変化ではない。つまり、水圧の影響を大きく受けるのは、空気だということになる。なるほど、潜水して耳がおかしくなるのも、耳の中の空気がおされて、鼓膜を圧迫するからなのである。
深海魚が海深くで生きていられるのは、空気調節に謎がありそうだ。水深一〇〇〇メートル以上の深海にいるフクロウナギ、アカクジラウオダマシ、コンニャクイワシなどは浮袋がない。それがあったら、逆にペッタンコになって生きてはいけない。
深海魚の中でも、夜は餌の豊富な一〇〇メートルくらいの浅い層に浮上し、昼は二〇〇メートル以上の深い層に戻るというハダカイワシ類やキンメダイ、ムツなどはどうなっているのだろうか。
餌を求めて移動する行動を「日周鉛直索餌回遊」というが、これを行う魚たちは、また特別な浮袋を持っている。
この浮袋では、血液と浮袋との間で、血液中のガス(二酸化炭素、酸素、窒素など)を吸収したり、放出したりすることによって、その浮力を調節する。これができるからこそ、深さの違うところを自由にいったりきたりすることができるのである。
そのほかの深海魚の場合は、浮袋はあるにはあってもとても小さいものだったり、中に脂肪がつまっていたりして、水圧で体がつぶされないようになっているのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670482
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:新幹線  シンクロニー傾向  ジン  白無垢  

   


  1. 雑学大全>>    >    深海魚
  1. ◆「深海魚」の関連ワード

  2. 新幹線

  3. シンクロニー傾向

  4. ジン

  5. 白無垢


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全