見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から10日
    ┗「霜降」まで5日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 グリコ【東京雑学研究会編】


§一粒三〇〇メートルってどういう意味?



ちょっと懐かしい話だが、グリコのCMが記憶に残っているだろうか。昭和の時代、お菓子のCMとして流れていた一節を思い出してほしい。
江崎グリコキャラメルの宣伝で「一粒三〇〇m」というスローガンがあった。箱についた走るマークからも、グリコキャラメルには三〇〇メートル走れる栄養があるのだということは容易に想像できたが、さて、この三〇〇メートルの根拠はどこから来ているものなのだろうか。
江崎グリコホームページの資料によれば、キャラメル一粒は一五・四キロカロリーあるそうだ。
ここからはちょっと数学の問題のようになるが、身長一六五センチ、体重五五キロの平均的日本人男性が分速一六〇メートルで走るとする。そのときに使うエネルギーは一分間で八・二一キロカロリーになる。一粒のエネルギーは、一五・四キロカロリーだから、それを八・二一キロカロリーで割ると、一・八七五七……分走り続けるエネルギーがあることになる。分速一六〇メートルだから、一六〇かける一・八七五七……は三〇〇・一二……となり、簡単にいえば、三〇〇メートル走れるということになるわけである。
面白いことに、グリコはまずこの三〇〇という数字があって、必要カロリーが決められている。「一粒三〇〇m」というのがあまりにインパクトがあり、語呂がいいため、それがウソでないように、キャラメルの成分が調整されたというのである。
その根拠となったのは陸軍の資料というから、このお菓子の歴史が感じられるエピソードなのだが、当時の担当者が軍医に尋ね、そこから導き出されて、あのキャラメル一粒ができ上がったのである。
商品スローガンがあって、その商品が誕生していくというのは、いかにも宣伝主導の商品開発の有り様だが、グリコキャラメルはその先駆けともなる商品だったのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670281
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>社会>企業    >    グリコ

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全